ただいま、電話ボックスの新たな活用方法を検討中です。画期的なアイデアある方はぜひご連絡ください!!

【鉄板ネタ】デザイン思考とかイノベーションをテーマにした研修で必ず紹介するT型フォード誕生の話

我々の生活に欠かすことのできない自動車。世の中の移動手段を劇的に変革したと言って間違いないでしょう。1885年ごろに世界初のガソリン自動車がドイツで発明されました。同時期に自動車開発に取り組んでいた偉人が複数人おりますが、特許取得が一番早かったドイツのエンジン設計者カール・ベンツが発明者とされています。後のメルセデス・ベンツの礎を築いた人物です。

スポンサーリンク

ガソリン車はいつ頃普及したのか?

しかし、世の中に自動車が普及するのはもう少し時間がかかります。15年後の1900年のニューヨーク五番街を撮影した有名な写真では多くの馬車が往来していることから、自動車が全く普及していないことがわかります。ちなみにこの写真。1台だけ自動車が映っております。探してみてください!

さて、ではいつ自動車が普及したのでしょうか。次は1913年のニューヨーク五番街の様子を撮影した写真をご覧ください。

1913年のニューヨーク五番街の様子
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ave_5_NY_2_fl.bus.jpg

十数年で世の中の風景は一変し、どこを見ても自動車ばかりです。
ちなみにこちらの写真では1台だけ馬車が映っております。こちらも是非探してみてください。

ガソリン車普及の立役者=ヘンリー・フォード

なぜ、急に自動車が普及したのでしょうか?その裏側に、冒頭紹介したヘンリー・フォードの活躍が存在します。ヘンリー・フォードは1896年に自力でガソリン自動車を開発したといわれています。1899年にデトロイト・オートモビル社に主任設計者に就任するも上層部との対立から同社を退社し、1903年にフォード・モーター社を設立しました。

ヘンリー・フォードが目指すのは、安価で誰もが乗れるガソリン車の開発。当時のガソリン車を購入できるのはお金を持った富裕層。とても庶民が手を出せる代物ではありませんでした。デトロイトの南西に位置する農村出身の彼は、移動手段としての自動車の可能性を見抜いておりました。

『鉄道すらも通っていない農村。移動手段と言えば荷馬車だけ。自動車を手に入れることが出来れば農民の暮らしが一変するに違いない。

新たに会社を設立したその年に『モデルA』と呼ばれる小型のバギーを生産。その後も『モデルB』『モデルC』と生産を続け、量産によるコストダウンを図り安価な『モデルN』の開発に成功しました。この『モデルN』は予想以上に売れ行きが良かったのですが、需要に応える生産設備・体制を整えることができなかったことから、抜本的な生産方法の見直しが必要でした。

1908年、モデルNの設計を引き継ぎつつも、性能向上と大量生産に適した『モデルT(別名:T型フォード)』を開発。また、生産性を向上させるために、職人が動かず製品を動かす『ベルトコンベア方式』を採用し、大量生産可能な安価な自動車を発売することに成功します。当初計画していた1台当たりの販売価格650ドルは達成できず850ドルで販売されたものの、同クラスの自動車が1,000ドルを超えた価格帯で販売されていたため、『モデルT』は多くの人々に受け入れられ当時としては異例のベストセラーとなりました。

『モデルT』が発売されてから5年足らずで、ニューヨーク五番街の様子を変えてしまいます。

“T型フォード”と呼ばれますが正式には『モデルT』と言います。
モデル“T”なので、モデル“A”があってB→C→D→ … Tまでの試行錯誤があったということですね。
スポンサーリンク

 この逸話から得られる学びは?

この逸話でのイノベーションとは何でしょうか?ガソリン車というプロダクトではないことはご理解いただけたと思います。

ベルトコンベヤーを活用した生産方式を確立したことで安価なガソリン車の大量生産に成功。世の中の風景を馬車からガソリン車に一変させたことこそがイノベーションであると言えるでしょう。イノベーションというとどうしても技術や製品に注目してしまいがちですが、そうではなく社会の在り方やルールを変えてしまうことが本来の意味するところです。

ただ、残念なことにこの話はいいことばかりではありませんでした。現代にも通じることですが生産ラインでの単純作業や効率性重視の考え方は、職人たちの肉体的・精神的負担が大きく、職場環境は決して良いものではなかったといいます。
その代償として高給ではあったようですが…。

最後に、ヘンリーフォードの名言を紹介します。この言葉には、昨今その言葉を聞かない日がない「課題発見能力」「デザイン思考」「UX・CX」などに通じる本質が詰まっていると私は考えております。

もし私が顧客に何がほしいか聞いていたら、 彼らはもっと速い馬がほしいと答えただろう。

— ヘンリー・フォード

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク
>アイデア・発想は行動範囲に左右される

アイデア・発想は行動範囲に左右される

アイデア創出活動や、新商品・事業企画支援などもさせていただいております。お気軽にご連絡ください。

CTR IMG